その不安悩みこまずに相談して

社会適応障害にならないために|真面目な人にイエローカード

サインに気づく事

悩む女性

ストレスを慢性的に溜める事で発症する社会適応障害ですが、問題点があり、他の病気がみつかると除外されてしまう事があります。統合失調症やうつ病などや不安障害などと判断された場合、社会適応障害の名前は消されてその症状を優先的にする傾向があります。ある研究機関による調べだと、人口の1%は社会適応障害だと言われていますが、他の症状などによって上書きされる事もあるのでもっと増える可能もあります。社会適応障害の患者で末期がんにかかる可能性は16%と高く警戒しています。社会適応障害と診断された多くの方が数年後には別の症状だと診断される事が多いです。そのため、社会適応障害と診断された後に別の症状になる可能性がとても高いということです。他の症状の方が重い症状となるので、そうなる前に対処した方が良いでしょう。

症状を見分けるためにはサインに気づく事がとても大切な事となります。社会適応障害にもサインがありますので気づいたのならばクリニックで検診を受けましょう。抗うつ感や不安、怒りやあせりなどが気分に現れる事が多いです。自分がおかれているシチュエーションで対処が出来なくなることもあります。暴飲暴食などのように自分にしかダメージがいかない事もありますが、無断欠勤や荒い運転、喧嘩など他人を巻き込む迷惑行動なども目立つようになります。子供にも発症することがあり、指しゃぶりや赤ちゃん言葉を話す赤ちゃん返りの症状などが見られるようになります。現代人はストレスの日々を過ごしていますので、ストレスの呪縛から逃れるのは難しいでしょう。勤務中に汗をかく、不安や緊張で手が震える、めまいがするなどの症状が起きる可能性も高いです。会社に出勤しないでも良い休日などはハッピーな気分になり、ストレスを発散する良い機会となるでしょう。しかし、社会適応障害よりも症状が重いうつ病などは、休みの日でも気分がハッピーになりません。環境が変化しても気分が良くなる事が少ないのです。この症状が大きな違いとなりますので、この気分が長期的に続くようであれば、クリニックに通ってカウンセリングを受けた方が良いでしょう。今後の生活にも影響を与えますので気をつけましょう。